黄色ニキビは別名化膿ニキビ、毛穴の内部で炎症を起こして膿がたまってしまった状態になっています。

かなりの重症です。しっかりとケアをして跡が残らないようにすることが大切です。

 

ピンセットでつまんで膿を出したくなっても、ここは我慢のしどころです。

自然に膿が排出されるのを待ちましょう。

また膿が出てかさぶたができることもありますが、これも触らないで回復するのを待ちましょう。

 

皮膚はターンオーバー(生まれ変わり)を繰り返しています、だいたいその周期は1ヶ月ほど。

本来的に自然に回復する力を持っています。

ですから必要なことはこの回復力を促進して、肌がきれいになるのをサポートすることです。

 

セルフケアとしては、正しい洗顔と保湿。これに尽きます。

なるべく刺激を与えないように、ふだんよりもいっそうやさしく洗顔します。その後で化粧水をたっぷりと使って保湿する。ビタミンC誘導体入りの美容液が保湿効果は高いです。

 

できれば皮膚科の受診をおすすめします。それがきれいに治すもっとも有効な方法です。

皮膚科では抗生物質を処方したり、レーザー治療を施したり、炎症を抑える処置がされます。
その後でホルモン治療を施して、
肌のバリア機能を改善させます。

少しでも早く治したい、跡になって残るのは絶対に嫌だ!という方は、なるべく早く受診しましょう。

 

 

© 2017 ニキビ跡 rss